忍者ブログ

気まぐれくりや

樹脂粘土で、作っておりますミニチュアフードなどの制作過程や日々の思いなど気まぐれに綴っております。

2013'01.23.Wed
突然の話ですが、
先日1月20日父親が亡くなりました。


月曜日にささやかながら家族葬で無事
見送ってきました。

年齢は確か70歳だったと思います。



あ、父親が亡くなったからと言って全然普通ですので
ご心配なさらず(  ̄▽ ̄)
っつか、ドールショー(1/20)行く予定にしてなくて
良かったと思いました。(いや、マジで。)


なので、こう言った訳があってって訳じゃないけど
ミニチュア全く作ってません。



娘に作っている靴下をとりあえず完成させねばと
ずっと暇を見つけて編んでました。
で、やっと片っ方完成しました。

「今年と来年に分けて作ってもいいか?」
と聞いて見たところ
「それは困る。」
と言うのでまた靴下編みます。






















実は、父親はあたしが18歳の頃脳梗塞になり
それからこれまでずっと左半身不自由な障害者として生きてきてました。
最期も寝たきりで病院でずっとお世話になってました。



ざっと計算して26年位ですかね。
(いやん、歳がバレる。)





父親がこの病気になった頃はまだ脳梗塞と言う病名も
症状も世間には知られておらず、とにかく父親含め
家族も凄く苦労しました。


病院の医師もそうです。
夜中に様子がおかしくなったので救急で
診てもらったところ『風邪』との診断で帰されました。
(おい、しっかりせんか?)

翌日病状治まることなく同じ病院に診察に行くと
即入院になりました。(ちなみに院長です。)
田舎なので診察に不振を抱いていてもそこに行かざるを得ないんですよね。






で、父親も不自由になった左半身
のリハビリの為に外へ散歩へ出掛けるも
見掛けた他人に好奇の目で見られるし(特に田舎なので)
自分では考えた事の無い病気に掛かりリハビリするも
完治する事の無い歯がゆさから幾度と
自殺未遂もしてました。
(でも、結局ここまで生きてました。)






まだ、18で子供だったあたしも元々両親が大嫌いで育ってた娘だったので
父親が病気になり半身不自由な上によだれをこぼすと
いった父親の姿に嫌悪感を感じそれを恥ずかしい事と思ってました。
でも、偉いもので車の運転を出来るのがあたししか居なく
父親を病院に送迎したり入院したりした際の世話をしている内
自分も成長し、そう言った考えが無くなりました。






家庭を養ってくれる大黒柱が折れたショックから
母親の行動ももちろん狂いました。
正直父親の病気よりそっちの苦労の方が大きかったかも。(笑)





で、父親が亡くなって言うのも何なんですが
26年の間少しずつ病状が悪くなり
病院と家しか往復しなかった生き方は果たして父親に取って
良かったと思うのかと思います。
それは、父親に聞いていないので分かりません。


でも、最期病院から自宅へ戻る際
病院の手の空いた看護婦さんが何十人も並んで見送って
くれたらしいです。

送迎をしてくれた葬儀屋さんも
「こんなに看護婦さん並んでるんこれまで見た事が無い。
きっと、愛されてたんやね。」
と言うてくれたらしいです。

そう思うと何不自由なく長生きして最期に『ざまぁみろ。』
と言われる様な人間よりも
不自由しても最期愛されていたと分かれば
生きてて良かったと思うのかと思います。





今でこそ、デイサービスがあったり、老人病院があったり
ヘルパーさんが増えたりでサポートしてくれる機関が増え
病人の世話も随分楽になったと思います。

でも、敢えて病気になる必要は無いのでやはり、
皆さん身体は労って下さい。
ちなみに、父親いやしん坊、食いしん坊さんでした。
俗に贅沢病と言われるだけあって
食べる事は大好きな人でした。
(特に高カロリーな物♪ヽ(´▽`)/)




そう言った事も知って頂こうと思い父親の事を書いてみました。
ちなみにくりやさん、今年からアルコール控えてます。(  ̄▽ ̄)











拍手[10回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はさん

コメありがとうございます。
お気使いもありがとうございます。。。
お返事遅くなってすみません。

っつか、父親全然若くないです。
病気発祥してから長生きしすぎなくらいです(笑)
はちゃんとこの方が全然若いじゃないですか。
そのお歳に近づくという悲しいお話に
あたしも思わず涙してしまいました。( ̄▽ ̄)


くりや: 2013.01/26(Sat) 22:08 Edit
無題
しさん

コメありがとうございます。。。
お気使いもありがとうございます。

この父親の病気はあたしのこれまでの人生の中で
外せないくらい沢山の苦労を教えられた(させられた)
きっかけでもあるものだったので今回を切っ掛けにちょっと
カミングアウトしてみました。

こうやって一緒に親で苦労した方が居てると
分かるとか何だか嬉しいもんです。
しさんとこも大変だった分これから楽しんでいきましょう!
あたしも一緒に楽しんで楽しませて行きます(^-^)/

っつか、コメ表に出ませんし、そちらから消せないので
ご安心を~(^-^)

くりや: 2013.01/26(Sat) 22:31 Edit
無題
わさん

コメありがとう(^-^)
っつか、わさんとこそうやったんや。
世話したもんしか分からん話やけど
本人も大変やけど世話する方もホンマ大変やからね。
わさんも体調崩さんようにお世話頑張ってね。


今だとホンマにこの病気の人多いよね。
そういえば、叔父もこの病気で再発の時に亡くなってた。
(今思い出した( ̄▽ ̄))

病気になって不自由な思いしてる人居てるのに
こう言うては何やけど、あたしも同じ事思うわ。
見て知ってるだけに尚更かも。
お互い気を付けましょうね♪だって、そんなに若く無いから(笑)

っつか、あたしもそう思ってるんやけど。。。
あ~、そう誘われると東京行きまた考えるわ。。。
9月とか動けそうかも。。。(悩む中)
っつか、動く気になれそう( ̄▽ ̄)
くりや: 2013.01/26(Sat) 22:48 Edit
無題
くりや様
お久しぶりにコメント書きます。
(あっ書かなくてもブログは楽しく見ていますよ。)
お父様残念でしたね。
本当に長い間ご苦労様でした。
私の父も27年位前に同じ脳梗塞になり2週間そこそこで亡くなりました。突然だったので月命日などお寺さんが来るには母の前では絶対泣かないと心に決めた事を思い出しました。(二か月前に私が結婚したばかりで母は一人ぽっちに・・・)くりやさんのお宅は長い間家族皆さんのご苦労は計り知れませんがどうぞ体に気を付けて頑張って下さい。遠く北海道からエールを送ります。
のっこやん: 2013.01/27(Sun) 15:37 Edit
Re:無題
のっこやんさん

かっっっっんなりご無沙汰ですよね。
こちらこそコメありがとうございます(^-^)

のっこやんさんの所もそうだったんですね。
随分若い頃にお亡くなりになられたんですね。
お母様も突然のお父様の死を受け入れるのも大変だったでしょうね。
のっこやんさんのお母様を労るお気持ちもお母様には
心強かったのではと思います。

我が家はお坊さんが葬式のお経を唱えてる際
娘が号泣してました。(何故か。)
私は正直お通夜で疲れてウトウト仕掛けてたりとか…( ̄▽ ̄)

月命日に合わせて実家へ行くことが出来ないので
また、来週休みにお参りに行こうと思います。

北海道からのエールありがとうございました。
また、ボチボチ頑張って行きますのでお付き合いの程
よろしくお願いしますね。(^-^)/
2013/01/27(Sun)
[671] [670] [669] [668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661
«  BackHOME : Next »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[12/30 ハナ太郎]
[12/23 ハナ太郎]
[08/12 ハナ太郎]
[07/23 ぽん]
[07/21 ぽん]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くりや
性別:
女性
自己紹介:
樹脂粘土を使ってのミニチュアフードや
刺繍糸を使ったあみぐるみなんかを
気まぐれに作りたい物を好きなように作っております。お好きな方ごゆるりとどうぞ。
*お知らせ*自宅にて小さなあみぐるみ他ワークショップをしております。HPメールよりお気軽にお問い合わせください。よろしくお願いいたします。m(_ _)m ペコリ
フリーエリア

気まぐれくりや wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]